クルマ屋さんのクルマの話

Ich gehe zur nächsten Stufe.

現代の車が失った物

こんにちは!みぃくんです。

 

最近のクルマって凄いですよねー。

自動ブレーキに始まり、レーン逸脱防止や自動駐車システムなどなんでもついています。

f:id:cokdfactory:20180725143224j:image

コレやはり「時代の流れ」なるものでございまして、VOLVOは「VOLVO車での重大事故を0にする。」と言っていますし、Audiは「1日の時間を25時間にする。」と言っています。

つまりクルマが人間に代わり色々やってあげるよ!ってコト。

 

一部の頭の良い人間が進化して、恩恵を受ける残りの人間は退化する。そんな感じですよね。

 

ごくありふれた一般人のみぃくんでさえビジネスはそうゆうもんだと理解しておる!

洗濯板を取り上げ、氷屋から氷を取り上げ、箒と塵取りを取り上げたように車から運転を取り上げる日が近づいているわけでありますよ。

コレいつの日か当たり前になるんでしょう。

 

この境目なんですが、大体2009年前後製造のクルマから顕著なんです。

つまりクルマとしての楽しさを失い始めた時期が。若者のクルマ離れが言われ始めたのも大体それくらい。

簡単に言うとクルマが家電化してきた時期です。ナビやアシスト機能に傾倒し、クルマの本質を磨くのをやめ始めた時代。

 

確かにACC(アダプティブクルーズコントロール:高速なんかで前の車に続いていく機能。)は2000年前後からありましたよ。ホンダのアヴァンシアかセルシオあたりが国産で最初じゃなかったかなぁ?

ナイトビジョンもキャデラックドゥビルがこの時期に実装してますし。

 

ただみんな使わなかったんですよね。結局精度もありますが、クルマってドライバー主体でしょ。って事がみんな本質的にわかっていたんでしょうな。

 

事故したら法律はどうですか?未だ「業務上過失〇〇」なのも運転は危険な業務に従事するのと同じ。ってコト(´ー`)

人間主体のクルマがやっぱりいいですよ。

工業製品である以上最新が最良なハズなんですけど、クルマだけはそうでも無いかなと。

ターミネーターの世界が近いですよ本当に。笑

 

 

まぁまぁズラズラ書きましたが、「人間主体のクルマが好き」なのともう一つ個人的な理由があって2006〜2011位までのクルマが好きなんです。と言いますか憧れがあるんです。

 

その時期丁度大学にいて輝かしく憧れの眼差しで見ていた新車たちが(実際今でも心からイイクルマと思う)買えるレベルになってきていること。

 

大衆車が最後に運転する楽しみを持ち合わせていた時代。みぃくんが新車に最後に憧れた時代。コレがリンクしたんですね。

 

なので私の現有車は見事この時代のクルマです。

f:id:cokdfactory:20180725143603j:image

そして近々入れ替えようと思っているクルマもこの時代のクルマ。

さあ、何になるんでしょうかね笑笑