クルマ屋さんのクルマの話

Ich gehe zur nächsten Stufe.

運転の基本のキ!②

どうも!みぃくんです。

 

日々運転をしていると色々な人に出くわします。

信号待ちで横並びになると右には『おお、ついに自動運転の時代がここに。』と思うほどにドライバーの存在を消すリクライニング角度の方。

左には『なんと。胸部レントゲン車を所有されておるのか。』と思うほどステアリングに近接戦闘を挑もうとしているおば様。

 

 

さぁ、前回はフットレストのお話。

今回はステアリングのお話。

そ、ハンドルです。

 

f:id:cokdfactory:20180727223707j:image

 

現在の自動車には便利なものでチルトテレスコ機能というものががステアリングに装備されている車両が多く存在しておるわけです。

 

いわゆる上下(チルト)前後(テレスコピック)調整ができちゃう、古き良き日本人体型の方からおディーン様までを網羅できるなんとも痒いところに手の届くまさに孫の手のような機能なわけであります。

 

まぁ弊害として可動部が存在することにより少なからずダイレクト感に欠けるというところもある。がしかし技術の進歩でそうそう大した問題とならない。とおもう。

 

f:id:cokdfactory:20180727220910j:image

S2000なんかはそれが嫌でチルトテレスコを装備していない。

しかしそもそもダイレクトな車が少なくなった今日この頃なのでなおさら問題ない。とおもう…

 

まぁせっかくある機能なんだから上手に使ってあげて、車と上手に付き合っていっていただきたいと思うのです。

 

もちろんベスト‼と呼べるものを文字で表すのは難しいのですが、『クルマを感じる』ことに重きを置いて理想をお話しします。

 

『限りなく低く、限りなく手前に』

 

これです。

 

理由は簡単です。

手前というのは車の真ん中に体を持って行きたいんですね。(タイヤとタイヤの真ん中にいたい。)

低くというのはタイヤに近づきたいということです。(タイヤとタイヤの中心線に近づきたい。)

 

低く・中心に。

 

これってレーシングカーの作り方と一緒なんです。

『いやいや、わたし、あくまでも買い物行くだけですから…』

 

なんて声も聞こえそうですが、操作する位置がおかしいから正確な車両感覚を得られない上、正確なステアリング操作が出来ないから貴殿の車庫入れはさらに遅くなり後続車をいらだたせることとなるのですよ。

 

正しい位置に人間が来るのは普段の運転でも絶対に必要なことで、人間のアクティブセーフティを高める上でも非常に重要なことです。

 

是非メーターが見える範囲で低く手前にしてください。

 

 

 

でも低く手前にするとシート位置にも関わる、といいますか制約を受けるので次はシートポジションについて思う節を…

 

 

 

それともなんか別のネタ挟むかな笑