クルマ屋さんのクルマの話

Ich gehe zur nächsten Stufe.

音楽♫と英語の話

こんにちは!みぃくんです!

 

さぁ、あんまりクルマの講釈垂れ男はモテないので笑

今日は音楽と英語について!

 

まず、私の音楽的趣向ですが…

 

メインは洋楽になります。でも本当になんでも聞きます。クラシックも聞きますし、雅楽器奏者の東儀秀樹さんが好きで好きで…自分で篳篥(ひちりき)買ったりしました。

f:id:cokdfactory:20180728162336j:image

しかも東儀さんはクルマ大好きですしね!!

そして知り合いがコッパディ東京で(だったと記憶してますが)なんと東儀さんのコドライバーを務めるというなんとも羨ましい……

 

で、また音楽世代も年齢から完全にズレてます。

30ですが中学1年からQUEENBONJOVI大好きでした。

 

でも基本はキレイな洋楽曲が好きです!

ヒップホップ、RnB、トランスなどクルマ映えしそうな、激しそうな曲でもいわゆる美メロって言われる曲が。

この曲でココ走ったら癒されるなぁ…とか気分上がるなぁと考えながら聴くのがたまんないですね。

 

 

洋楽がやはり好きなのも手伝いまして、私ほんの少し英語が出来ます。

外人さんと一応それなりに商談が出来るくらい。

因みに勉強したことないです。

中学から英語は勉強らしい勉強してません笑

でもリスニングとかOCはいつでも上位でした。

 

読んでくださる方がもしかしたら中高の学生さんかもと思って是非アドバイスを!!

やり方がハマれば絶対楽に聴き取る力が上がります。

 

 

  1. 英語の本当に好きな(歌ってみたい)音楽を聴く。
  2. 聞こえたままカタカナで書いてみる。(例:Talk about ⇨ターカバゥ)
  3. 書いたカタカナを知ってる単語に直してみる。(例:アゲリリン⇨I get it in)
  4. 歌詞カードを見て答え合わせをする。
  5. 訳を見る。

 

こんだけ。楽しいでしょ✌︎('ω'✌︎ )

簡単に洋楽が歌えるようにもなりますよ!聞こえたままカタカナにしているので笑

そもそも私も中学の時にカラオケでQUEENを歌いたくて遊びながらやってたのが始まりなんです。

 

でもですね、この方法って人間に1番合ってるはずなんですよ。同時に日本教育が大いに間違えている事がよーくわかります。

なぜならば、子供が言葉を覚える順番を考えてみてください。

 

  1. 聴く
  2. 話す
  3. 読む
  4. 書く

 

なんです。

でも日本教育はこの真逆。絶対早く習得出来ません。

 

一度ぜひ試しに英語をカタカナにしてみてください^_^喋れる気になるし楽しいですよー^ - ^

 

 

さ、明日はまたクルマネタで( ^ω^ )