クルマ屋さんのクルマの話

Ich gehe zur nächsten Stufe.

もっとタイヤに興味を!

こんにちは、みぃくんです!

 

数万の部品から作られてるクルマですが、最終的に1つの部品しか地面に接しません。

計4つ、1つの部品。

 

そう、タイヤです。

その面積、乗用車でA4用紙1枚以下。

タイヤ一本ハガキ1枚弱です。

 

ですが!!割と軽視されがちな存在ですよね…

毎月空気圧をチェックしたり、溝をチェックしたり…あまりいないと思います。

 

そして、タイヤって如実に財力を表します。

最近のアジアンタイヤの性能は一目置く所がありますが、それでも違うもんです。

やっぱりミシュランやBSやYHなどゼンッゼン違います。

 

特に最近凄さ感じたのが

パイロットスーパースポーツ

です。ミシュランの。

f:id:cokdfactory:20180801232030p:image

 

それまでもっとグリップに振った

「プロクセスR1R」

を毎回履いてました。

f:id:cokdfactory:20180801232308j:image

これ、意外に静かなんです_φ(・_・!

しかも多分最強グリップ。

安心感の塊です。

 

ただホント減ります笑

安心安全との引き換えと思っていましたが。

 

んで、パイロットスーパースポーツですが…

一言で言うと「文句のつけようがない」タイヤですね。

 

何よりまん丸、真円に近いものが回っている感覚がスンゴイです。

そして、R1Rほどじゃ無いにせよ1.5割減程度のグリップ感。しかも限界点がよーくわかります。「今アクセル踏むと滑るよ〜。」「これ以上舵をいれても曲がらないよ〜。」をしっかりドライバーに伝えるタイヤですね。

なのに乗り心地は良いし、ノイズも多くないです。

次のタイヤもPSSにしたくなります。

 

 

ただ最近はアジアンタイヤもバカには全然できません。

ハンコックは日本で有名になる前はただの格安タイヤでしたが今やラジアル筑波最速タイヤになってます。

 

クムホもオートバックスでやたら安く売ってるタイヤなイメージでしたが…V700やV710で大爆発しましたよね!

 

タイヤって奥深いです…