クルマ屋さんのクルマの話

Ich gehe zur nächsten Stufe.

やっぱポルシェスゴイ。

こんにちは、みぃくんです!

 

今日ですね、普段より少し早く帰れたので走りに…行く勇気は革靴のせいで無く…笑笑

 

他店同僚を誘いまして久々に大黒パーキングエリアに行ってきました!

 

f:id:cokdfactory:20180830230102j:image

 

少し早く着きましてですね、トイレに行ったり大黒に通った若かりし日々を飲みものを飲みながら思い出したり…

 

時折車を見ながら…良いもんですなぁ。

 

そんな時に、ん?ん?大陸からの刺客が私のクルマを囲んでいるではないか。

「お主、相手が悪かったようだな。」と一言添えてサムライの魂をいかんなく発揮する時が来てしまったのか。

 

いや、お相手が悪いのはこっちか?英語が通じればまだ良いが漢字でまくしたてられては敵わない。

 

こんな想像をしながら触られなきゃ良いか。くらいで泳がし。

そんな事が目前で何度か繰り広げられました。

 

何にせよ古かろうとケイマンだろうとやっぱりポルシェってそうなんですね。人が寄ります。寄らずとも見てますね。

ビックリしました。

 

そんなこんなしている間に友人登場。

漏らしそうだったらしくトイレ直行でございます。

その後ケムリを嗜みながら「いやね、ケイマンであろうと古かろうとポルシェはなんか人が寄るんだね。やっぱり」など話をして、クルマに戻………

 

そんな時再度刺客が!

今回はソロ、しかもかなりマジにクルマ見てる。こればかりはまたサムライとして必要とあらば斬り捨てでもマイカーを守らねばならぬ。

 

こんな決意を胸に抱きながら友人には「ほらね、寄るでしょ??」などと話しながらクルマへ。

 

まずは口上を述べる事なく斬り捨てるの武士道の精神に反するので大きな声で。

「こんばんは!」

 

「あ、こ、こんばんは…!」

 

むむ、まだあどけない感じが少しする若いおにぃちゃんではないか。しかし暴漢の可能性も無きにしも非ず。

お主、吾輩のクルマに何用があり近づいたのだ。御免!スバァッッ!

コレもありか?と思ったが見たいなら見せてあげるし乗りたいなら乗せてあげるしって精神なので少し泳がせました。

 

そしたら「あのぉ、こんばんは、実は987ケイマン僕も乗ってるんですよ…!OPの19インチ本物見た事なかったんでマジマジと見ちゃいました、ごめんなさい!」

 

なんと礼儀正しい。かつなんと987オーナーだと!?

若いだろうにすげぇなぁ…

 

しかも良く良く聞くとかなりクルマ好き。

しかも走る方向に。

 

私と刺客の会話はポルシェって存在だったり運転感だったりに波及。

友人は今私のせいも含めてケイマン検討中。

友人からすると2人の違う人間から1つの同じ答えを聞く状態になりさらに火が…笑笑

 

貴重なポルシェ仲間が1人増えました。